遊び

横浜市緑区や緑区近郊の【水遊び】スポットまとめ♪

緑区や緑区近郊で楽しめる「水遊びスポット」をまとめさせていただきました!
なかなか遠出するのが難しい今年の夏ですが、近場で涼を楽しめる場所を訪れてみてはいかがでしょうか。

※情報は随時更新していきます

緑区内

県立四季の森公園「じゃぶじゃぶ池」

小川を再現したじゃぶじゃぶ池は、落差5メートルの滝と、その先に緩やかな流れがあり天然の渓流のようです。水深は30センチ程度のため、小さなお子さまも安心して遊べます。(公式ホームページ参照)
※2020年7月11日(土)よりじゃぶじゃぶ池再開

  • おむつ(水遊び用も含む)をつけている幼児は衛生上ご遠慮いただいています。
  • 安全のためじゃぶじゃぶ池ではくつ(ビーチサンダルなど)をはいて遊んでください。

※清掃のため休止期間を取ることがあります(休止の際は県立四季の森交換のホームページにてお知らせされます)

場所:県立四季の森公園
住所:神奈川県横浜市緑区寺山町291
GoogleMapはこちら(外部サイト)
※駐車場あり

一本橋めだかひろば

場所:一本橋めだかひろば
住所:神奈川県横浜市緑区三保町1458-14
GoogleMapはこちら(外部サイト)

緑区近郊

こどもの国「キッズ水あそびパーク」(青葉区)

画像:こどもの国ホームページより

暑い夏におススメの水遊びスポットが登場!爽快感満点のウォータースライダーや、楽しい障害物アスレチックのほかに、みんな大好きヨーヨー釣りなどのお祭りコーナーもあります。
※2020年度のプールの営業は中止

開催日時:8月1日(土)~9月13日(日)10時~16時
場所:こどもの国 中央広場(緑区近郊)
住所:神奈川県横浜市青葉区奈良町700
GoogleMapはこちら(外部サイト)

陣ヶ下渓谷公園(保土ヶ谷区)

環状2号線と帷子川が交差する地点の南西側には、近代的な道路と寄り添うように自然の渓谷が息づいています。
木もれ日の差し込む森、涼しげな水の流れ、その水に侵食された岩場など、横浜市内では唯一、渓谷としての景観を保っています。
※私有地内には立ち入らないでください。

芹ヶ谷公園「ジャブジャブ池」(町田市)

豊かな緑と水の中に彫刻が点在する公園です。ジャブジャブ池やせせらぎ、虹と水の広場、ターザンロープや各種遊具のある冒険広場、多目的広場、四季を通じて色とりどりの花が咲く花壇等もあり、子どもから大人まで楽しめます。また、公園の一角には国際版画美術館があります。

場所:芹ヶ谷公園
住所:東京都町田市原町田5-16
GoogleMapはこちら(外部サイト)
開園時間:午前6時から午後6時(6月から8月までは午前6時から午後7時)
休園日:年中無休

緑区で開催!今月のイベント情報はこちら!

ABOUT ME
かずき
GREEN SMILEの制作全般を担当。 生まれてからこれまで30年以上緑区に住んでいる、生粋のみどり区っ子。 緑区で頑張っている人・お店・団体等を応援したいという気持ちをカタチにすべく「GREEN SMILE」を作った発起人。中山商店街にある荒井電気商会の息子。Web制作会社でディレクターとしても勤務。わんぱくな2児の父。